1. 土日祝日にお金が必要になったらどうすればいい?

新年、明けましておめでとうございます。(公開日1月1日)

本年も宜しくお願いします。

 

今回のテーマは、年末年始の休日(銀行窓口が締まっている時)にお金を借りるにはどうすればいいのか?について書いています。

お役に立てましたら幸いです。

 

私の場合、土日や祝日に、急に現金が必要になることが割と頻繁にあります。

特に、給料日前やボーナス前の時期になると、手持ちの現金が少なくなることがよくあります。

 

さらに、冠婚葬祭が続いたり、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品が突如として故障したりして…ひぃぃぃ何かと物入りが重なってます。(泣)

 

まず一番身近で頼りたいのは、地元の銀行のローン契約ですよね。

でも、銀行は休業日かつ審査までの時間が掛かるといった問題があり、急ぎの場合には不向きなんです。

 

そこで、例えば10万円がどうしても当日または翌日まで必要といった際は、消費者金融のカードローンが最短かつ確実性の高い借り入れ方法になります。

 

消費者金融のカードローンというと、高金利やサラ金といったイメージを持つ方がいるものの、大手消費者金融は銀行のローン契約で保証事業の委託を受けているのが実情です。

そして、今や銀行傘下の消費者金融もあり、過去の貸金業者とは全く異なります。

 

簡単に言ってしまえば、現在では無担保・保証人無しのローンが主流であり、クレジットカードと大きな差がありません。

 

では、消費者金融のカードローンを契約するのであれば、どうすれば良いか?というと、パソコンやスマートフォンからインターネットでの申し込みが簡単かつ時間を有効活用できます。

 

そして、借り入れに使用するカードは無人契約機で直接受け取ることが可能です。

この方法であれば、土日や祝日でも専用ATMやコンビニの提携ATMから直ぐに借り入れできるため、急いでいる時にはおすすめです。

 

また、審査時に勤務先への在籍確認が必要になるものの、勤務先が休業日だと確認のしようがありません。

そこで、在籍確認の代わりとして、社員証や直近3ヶ月分の給与明細を準備するといったことが必要になります。

 

この他にも、社会保険の場合、健康保険証に会社名が表示されている場合も在籍を確認出来る方法となります。

 

最大借入額は、少ないものの、最低でも10~30万円の借り入れが可能なため、突発的な出費に対応可能です。

2. 休日・祝日・年末年始キャッシングのススメ

休日なら銀行で借りるよりも確実に消費者金融の方がキャッシングしやすいことがお分かりいただけたと思います。

 

これは年末年始も同じ事が言えます。

 

特に アコム は年末年始もATMとWEB、電話受付の3つが稼働しています。

一方の プロミス は1月1日の元旦だけ休みです。

 

つまり消費者金融は休日祝日、年末年始があまり関係無いです。

ちなみに銀行での借り入れは年末年始は31日から3日までは休みに入っているのでできません。

 

私も消費者金融はよく利用してたんですが、本当に便利ですよ。

まず始めに審査がもちろんあるんですが、審査といっても個室で機械があるので相手が人ではないです。

 

だから堅苦しく無いですし、緊張感も全然しません。

のんびりできます。

 

そして何より相手が機械なので黙々と入力作業をするだけです。

 

もし仮に機械が苦手な方でも大丈夫です。

わからない事はオペレーターが答えてくれますし、基本的にオペレーターが手順や進め方を教えてくれながら一緒に入力する様なイメージですね。

 

消費者金融と聞くと偏見ある方は少し怖いイメージがあるかも知れませんが、銀行系列がやってるサービスなので安心です。

もちろんオペレーターの方も凄く丁寧で話しやすいですよ。

 

審査の際に必要な物を準備してたらなおスムーズに終わります。

【チェック】準備しておいた方が良い物

① 身分証明書

(社会保険が一番スムーズです。働いてる証明にもなるのと、ちゃんとした会社に勤務してる証拠になるからです。もちろん運転免許証でも大丈夫ですよ。)

 

② 勤務先の正式名称、住所、電話番号

(もし今勤めてるのが正社員ではなく、派遣社員の場合、派遣先ではなく、派遣元の方を書きます。住所と電話番号も派遣元です。派遣先は一時的に人員を借りてるだけの関係なので、登録している派遣元の情報を入力します。)

 

③ 勤続年数

(1年以上と書いてた方が無難ですね。1年未満しか勤務してなかったとしても以上の定で書いても問題ありません。)

 

後は借り入れ理由などを聞かれます。

基本的に選択するパターンで、チェックを入れる様な感じです。

 

一応注意点としては、生活費に当てるなどの理由にはしない方が良いと思います。

むむ…生活費が無い人間がちゃんと返済してくれるのか?と言う不安が出てくるからです。

 

レジャーや買い物にチェックした方が無難だと思います。

 

あと年収を聞かれます。

手取りの金額ではなく、総支給額を書いて下さい。

 

10万の借り入れなら平均的なアルバイトぐらいの年収なら通る確率は高いと思います。

(仮に30万ぐらい借りるとしたら毎月総支給額は20万以上と書いてた方が良いと思います。)

 

審査の際に聞かれるのは基本的にこれぐらいです。

そこから先、審査に通った場合。カードが発行されます。

そしてそのカードを持ってすぐ横の機械に入れるとすぐ借り入れできます。

 

カードができて即借り入れできるのでかなり便利だと感じています。

返済に関しても、毎回審査した無人契約機に行く必要は無く、今はセブンイレブンのATMからも返済ができるのでかなり便利です。

 

借り入れにしても返済にしても毎回カードは絶対必要になってくるのでカードは無くさず持っていて下さいね。

3. 【実践】土日祝日もOK! 申込み~キャッシング迄の流れ

土日や祝日など銀行の窓口が閉まっているけど、どうしてもお金が必要になる時があると思います。

 

窓口さえ開いていれば口座にお金はあるのだけれど…

 

そんな時こそ、土日祝日でも即日でカード発行してくれる消費者金融系キャッシングの出番です。

① 消費者金融を選びましょう!

現在消費者金融の多くは、土日祝日も申込みを受付け、即日でキャッシングを利用することが可能となっています。

中でも、消費者金融では大手でテレビCMなどでも馴染みのある「 アコム 」と、「 プロミス 」が安心感もあって良いのではないでしょうか。

② 申込みはインターネットがいい!

消費者金融各社は、インターネットに申込みの専用webサイトを用意しています。

自動契約機から直接申込むことは当然可能ですが、インターネットからの申込みがおススメです。

 

審査の結果連絡を受けてから自動契約機へカードを受け取りに行けるので、審査を待っている間、他のことに時間を使うことが出来ます。

③ 自動契約機での手続きに必要なものは?

審査完了を確認した後、お近くの自動契約機で契約手続きをします。

その際に必要となるのが、「身分証明書」と「収入証明書」です。

 

50万円以下など、借入額によっては収入証明書が不要になる場合もありますが、万一を心配されるなら用意して行った方がベターです。

 

身分証明書は運転免許証がベストですが、もし運転免許証が無い場合でも、パスポートが使えます。

パスポートの場合、現住所の記載が無いことから、公共料金の領収書や住民票の写しなどを用意出来れば安心でしょう。

 

また収入証明書は、お勤めの方は会社から発行される前年度の源泉徴収票があればベストですが、それ以外では給与明細2ヶ月分などがあればOKなケースが殆どです。

 

必要書類の提示などがスムーズに行われ、自動契約機での契約が完了すると、その場でキャッシングに必要なカードが発行されます。

④ ATMで楽々キャッシング♪

自動契約機で契約手続きが完了するとカードが発行されるので、その場のATMでキャッシングを利用することが可能になります。

勿論その場で利用しなくても、コンビニのATMでも利用可能なので、必要なタイミングで必要な金額を正しく知ってから利用することも出来るのも便利な点です。

 

以上、土日祝日にどうしてもお金が必要となった際に消費者金融を利用する方法を、申込み~キャッシングまでを簡単にご紹介しました。

 

初めて利用される方は○○日間「 無利息 」を謳っている消費者金融も多くなってきましたので、無利息サービスを扱っている消費者金融を考えてみるのも良いかもしれませんね。

4. 土日融資の最強(対応時間・スピード)サービス登場!

お金が必要になるのは平日だけとは限りません。

休日に突然出費が発生してしまうこともありますよね。

 

銀行の窓口は平日の15時までですが、仕事の関係で急には行けない…という方もおられるかと思います。

 

そんなときに便利なのが、アコムの即日融資です。

 

アコムなら土日祝日でも審査を受けることが可能です。

そして、審査を通過すれば土日でも借り入れをすることが出来ます。

 

スムーズなのは、インターネットからの申し込みをしてからむじんくんに行く方法です。

この場合は、手続きが完了してカードが発行されれば、その場でカードを使って借り入れをすることが出来ます。

 

審査にかかる時間は約30分~1時間となっています。

そのため、急にお金が必要になった場合でも対応できますね。

 

いや、そんなこと前々から知ってるよ…という方へ。

ここからが本題です。

 

実は、従来の「インターネット申込後にむじんくんでカード受け取り」するよりも、さらに便利で早い方法があるんです。

 

それは、楽天銀行の口座を持っていることが条件となります。

 

一般的に振込融資は平日のみの対応となっています。

しかし、もしも楽天銀行の口座を持っている場合は、土日でも振込融資を受けることが可能なのです。

 

この場合、受付時間は、なんと0:10~23:50と、ほぼ24時間対応!

 

さらに、受付完了から約1分程度で振込してもらえる、という超絶スピーディーさ。

これならば急にお金が必要になった場合でも、審査さえ通れば、すぐに準備をすることができることと思います。

 

休日のほうが、平日よりも、急にお金が必要になったりすることが多いものですが、これなら本当に安心ですね。

アコムさん、便利なサービスをありがとう。

 

引き続きまして、【第4章】収入のない主婦でも借りれるか?について書いています。【 専業主婦でお金を借りたい人へ 】にお進みください。