1. 収入のない専業主婦でもキャッシングできるの?

こんにちは。

今回のテーマは、専業主婦でもお金って借りれるの?についてです。

 

はたして収入のない主婦でも審査は通るのでしょうか?

今日は、その辺の疑問や、お得なサービスについて見ていきますね。

 

まず最初に、お金を借りたいわ!と思った時に、連想するのは消費者金融のキャッシングだと思います。

最近は、即日融資OKなどの宣伝もしていて華やかなイメージですね。

 

でも昔は大変だったんですよ。

今から7年前(2010年)、貸金業法改正の際に導入された「総量規制(そうりょうきせい)」ってご存知ですか?

 

この法律によって、消費者金融でお金を借りる場合は、「本人に安定した収入がある」、「借入額は年収の1/3まで」が第一条件となったんです。

年収が0円の専業主婦は条件を満たせないのです。

※(0円×年収の1/3=0円のため融資不可能)

 

なので結論を言いますと、残念ながら、専業主婦は消費者金融のカードローンに申し込むことができません。

 

でもご安心ください。

じつは総量規制が適用されるのは「貸金業者(かしきんぎょうしゃ)」なんです。

 

銀行の業種は「金融機関」なので、「貸金業」ではないのです。

そのため銀行のカードローンなら、専業主婦でも申し込みは可能なものがあります。

 

ただし、配偶者である夫に安定した収入があることが条件となっています。

ということは、夫の同意がいるの?と考えてしまいますね。

 

でも大丈夫ですよ。

家族に内緒でカードローンに申し込めるようになっている銀行もあります。

 

そして消費者金融と比べると、銀行カードローンの方が金利が低いというメリットもあるんですよ。

 

申請はインターネット(PC・スマホ・タブレット)で手続きできます。

その際に、カードローンの契約書を自動契約機で受け取るのがいいですよ。

 

そうすると、自宅に郵便物が届く心配がなくなります。

勤務先への夫に連絡が入ることもありません。

 

一般的に銀行の審査は消費者金融と比べると多少時間がかかりますが、中には即日融資可能なところもあります。

ただし、その銀行に口座を持っていることが条件となる場合もあるので、申込み前によく確認してくださいね。

 

また、原則、銀行休業日の土日祝日は審査もストップするため、すぐには借りられないこともあります。

まずは、自分が口座を持っている銀行へカードローンの条件などを問い合わせて、非常時に備えておくのが良いですね。

2. 専業主婦は審査に落ちる場合もあるの?

主婦が申し込めるキャッシングやカードローンも存在し、金融機関にとっては大きな市場となっています。

収入が無くてもお金が借りられる理由は、夫の支払い能力を担保にし、お金を借りることができるからです。

 

ここでポイントになるのが夫の年収や借金の状態です。

 

すでに多数のカードローンなどを契約しており、支払い能力自体が無いと判断された場合は審査に落ちてしまう事があります。

 

そのため住宅ローンや教育ローンなどを組む前にカードを作っておいた方がプラスになることもあるのです。

 

また、家族カードと言う形で、夫のクレジットカード等に付随する形でカードを作っていまう方法もあります。

こちらも基本的に夫の支払い能力が基準になるため収入が無くても作ることができます。

 

アルバイトやパートなど安定収入を見込める仕事についていれば、より簡単にお金を借りられるようになります。

収入の証明も必要なく在籍確認だけで審査が通ることもあります。

 

簡単にカードを作りたいのであれば、短期間でもアルバイトやパートをするなど働きに出てしまうのも一つの方法ですね。

 

注意したいのが金利と支払い方法です。

金利が安くても、リボ払い等で毎月定額でしか返せない等カードごとに特徴がある点は理解する必要があります。

 

また、銀行系と消費者金融系では審査の基準が違う場合があり、消費者金融系の方が審査基準が緩くなる場合もあります。

積極的な展開を行っているかどうかでも審査にかかるスピードが変わるため、まずは1社申し込み、少し間を空けて2社目を申し込むのもおすすめです。

 

短期間に集中して申し込むと申し込み記録から不正を疑われる可能性があるためです。

3. 専業主婦でも利用可能な銀行カードローン3選

主婦でもお金を借りれそうなのは分かったけど…どこで借りたらいいの?という貴女へ

今回は専業主婦でも利用する事が可能な銀行カードローンをいくつか紹介していきましょう。

① 三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みするのがお勧めです。

この方法なら契約手続きが終了した後にその場でカードが発行されるので即日融資を受ける事が出来ます。

 

配偶者に安定した収入があるという条件付きで専業主婦の利用も可能となっていて利用限度額が最大で30万円になります。

② みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは低金利が特徴です。

大手銀行という事もあり利用する時に安心感がありますね。

 

配偶者に安定した収入があるという条件付きで専業主婦の利用も可能となっていて利用限度額が最大で30万円になります。

上記のバンクイックとほぼ同じ条件ですが、金利の設定はみずほ銀行カードローンの方が低いので金利を重視する人はオススメです。

③ 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンでは、専業主婦向けにカードローンの融資を実施しています。

ただし、専業主婦の方の場合は定期的な収入を得ていませんので、貸出条件は上限金額が50万円で、貸出金利は14.5%と固定されています。

 

しかも、専業主婦の方が融資を申し込むときに、配偶者の給与明細や源泉徴収票を提出する必要もありません。

事実上、無審査に近い形で50万円までなら借金できるのが楽天銀行のカードローンの特徴です。

 

楽天銀行のホームページから申し込む場合は、申し込みページから、住所、氏名の他に、持ち家か否かを入力し、持ち家の場合は毎月の住宅ローンの返済金額、賃貸住宅の場合は家賃の金額などを入力して申し込みます。

そして、身分証明書として健康保険証をアップロードする形で提出する必要があります。

 

おそらく楽天銀行側としては、健康保険証をチェックすれば申込者が専業主婦であるか否かをチェックできるため、専業主婦と判断できれば50万円までなら融資は可能と判断するのだと思われます。

4. 【厳選】私がおすすめするカードローンはこの2つ

カードローンというと、収入のない専業主婦や無職は利用できないというイメージがありますよね。

でも、近年のカードローンは専業主婦でも利用できるものが増えてきているんです。

 

今回は、専業主婦が利用しやすい、おすすめのカードローンをご紹介したいと思います。

 

まず一番におすすめするカードローンは、みずほ銀行です。

みずほ銀行は現在、みずほMyWingわたし応援ローンというサービスを行っています。

 

このカードローンは、夫に安定した収入があるなら専業主婦でもお金を借りられるカードローンなんです。

金利は14%と高くないのも、みずほ銀行のカードローンの魅力です。

 

その他に、新たにローンカードを作る必要はなく、既に持っているみずほ銀行のキャッシュカードがローンカード代わりになるのも、みずほ銀行の大きなメリットになります。

 

ただし、借入限度額が30万と決まっているので、多額の借入を考えている人には向きません。

低金利で借入したい人、ローンカードを新たに持ちたくない人はみずほ銀行がおすすめです。

 

みずほ銀行以外で専業主婦におすすめのカードローンは、新生銀行カードローンのレイクです。

 

レイクの一番のおすすめポイントは、夫にバレずにお金が借りられるという事です。

 

お金を借りたいという専業主婦の中には、夫にその事を内緒にしたいという人もいると思います。

しかし、専業主婦がお金を借りる場合は、夫の同意書や夫への確認の連絡が必要になるカードローンもあります。

 

しかし、レイクは借入する専業主婦本人への確認連絡はあるものの、夫へ直接連絡する事はありません。

その為、自身への確認連絡を携帯電話の番号にしておけば、夫にバレる事なくお金を借りられます。

 

また、レイクは30日間無利息キャンペーンも行っているのも、おすすめの理由です。

夫に内緒で借入したい人、短期間で返済できる目処がある人は、レイクのカードローンをおすすめします。

 

私が専業主婦におすすめするカードローンは、みずほ銀行のみずほMyWingわたし応援ローンと、新生銀行カードローンのレイクです。

ぜひ、お金を借りる際の参考にしてみてくださいね。

 

引き続きまして、【第5章】は、免許証がない人はどうするか?について書いています。【免許証を持ってなくても、お金を借りれますか?】にお進みください。