kureka2

クレジットカードのキャッシングは返し方がポイントです

冠婚葬祭などが重なって、10万円ほどの金額が足りなくなることもあるでしょう。

10万円ほどの金額であれば、クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使うのが賢明です。

 

クレジットカードのキャッシングを利用する場合、特段の必要書類はありません。

クレジットカード会社に電話して口座に振り込んでもらうか、インターネットから申し込んで口座に振り込んでもらうか、クレジットカード会社が提携しているATM(現金自動預け払い機)に、クレジットカードを差し込んでその場で現金を引き出すなどの方法があります。

 

便利なのはコンビニにも置いているATMで現金を引き出す方法です。

なお、どの程度キャッシング出来るかはクレジットカードの承認書類に記載してありますが、忘れた場合などは明細を確認する、クレジットカード会社に電話して確認するなどの方法があります。

 

そして大切なのは返済方法です。

10万円を借りて翌月一括返済するのは厳しいかもしれませんが、キャッシングには高い利息がかかるため、出来るだけ翌月一括返済することです。

 

しかしクレジットカードとしてはそれでは儲かりませんので、返済定額リボルビング払いなどを返済の選択肢においています。

返済定額リボルビング払いは毎月1万円など決まった金額を返済していく方法ですが、残った金額に高い利息がかかるため、10万円程度でもリボルビング払いを選択してしまうと最終的に2倍程度の金額を払うことになります。

 

やむを得ずすぐに返済出来ない場合は、とりあえずリボルビング払いを選択し、出来るだけ早く一括返済することが大切です。

急な出費もクレジットカードのキャッシング枠で安心

社会人と続けていると、何かと急な出費を必要とすることがあると思います。

もちろん一番良いのは、いつでも急な出費に備えて、貯蓄を用意しておくことだと思いますが、そう簡単にいかないのが現実です。

 

お給料日やボーナス月が目前なのに、そういうお財布が寂しい時期に限って、急な出費が必要になってしまうのが世の常。
身近な人に借りるのも気が引けるものです。

 

お金を貸して」って最も言いにくい言葉の一つではないでしょうか。

 

どうしても必要な出費でしたら、まずは自分の持っているクレジットカードの「キャッシング枠」というものを確認してみると良いでしょう。
クレジットカードのキャッシング枠とは、クレジットカードの作る際のオプションとして用意されているもので、キャッシング枠のXX万円までは簡単にお金を借りることができるという非常に便利なサービスです。

 

実はカードの審査の際に、このキャッシング枠というものもクレジット会社から審査されていた訳です。
ですので、銀行のATMとほぼ同様の手順で、即お金を引き出す事ができてしまいます。

 

自分のカードのキャッシング枠の有無が分からない場合は、カード会社に電話してみればすぐに調べてくれます。
またキャッシング機能を無効にしていた場合でも、比較的簡単な手続きで改めてキャッシング機能を有効に切り替えることや、キャッシング枠の金額を少額に設定していたものを、大きく設定し直すこともできます。

 

急な出費のときは、まずはクレジットカードを確認してみることをお勧めします。

クレジットカードでのキャッシング方法

まずクレジットカードをお持ちでしたら、「キャッシング機能」が付いているかどうかの確認をしてください。

もし付いていれば銀行のATMに行きましょう。

 

ATMの画面を見てクレジットカードという項目あればそこをクリックします。

次に「キャッシング」か、「お借り入れ」という項目が表示されますのでクリックします。

カードの挿入を指示されますので入れてください。

 

もしこれらの項目がない場合は、通常のキャッシュカードでの引き出しと同じように、クレジットカードをATMに挿入してください。

 

次に暗証番号を入力します。

クレジットカードにも暗証番号がありますから、事前の確認が必要です。

もし忘れてしまったり、不安に思った場合はカード会社に問い合わせれば本人確認の上で教えてもらえます。

 

そして希望する引き出し額を入力します。

例えば、300,000円を引き出したいなら30万円と入力してください。

 

最後に返済方法を選択します。

一括払いとリボルビング払いを選べます。

 

ATMによっては、リボルビング払いという表示の代わりに分割払いと表示される場合もありますが、これはリボルビング払いのことを示します。

 

以上がキャッシング時の操作方法です。

クレジットカードのキャッシング枠が希望する額を充当出来るだけあれば問題はないのですが、もし足りない場合は、限度額の追加を申し込む必要があります。

即時に対応してくれる場合は問題ないですが、難しい場合は他会社でのキャッシング枠も複合しましょう。

 

関連: クレジットカードのショッピング枠でお金を用立てる方法は、元現金化業者がクレジットカード現金化の実態に迫る!をご覧ください。

休日の即日融資は可能なの?

クレジットカードを持っていて、キャッシングの利用枠が付与されている場合は、クレジットカード会社から10万円借金することが、もっとも簡単な方法と思われます。

クレジットカード会社はコンビニのATMと提携していますので、近所のコンビニに行って、ATMを利用すれば10万円を借りることが可能です。

 

あるいは消費者金融のキャッシング専用のカードをお持ちであれば、消費者金融会社が提携しているコンビニのATMを利用して、10万円を借金することも可能と思います。

 

しかし、クレジットカードや消費者金融のカードを持っていなかったり、クレジットカードを持っていてもキャッシング枠を付与されていない場合には、新たに借金を申し込むしか方法はありません。

有効な手段は、大手消費者金融会社の無人契約機やホームページ上から即日融資を申し込むことです。

 

ホームページから即日融資を申し込む場合は、ホームページ上で勤務先や年収、勤続年数などの個人情報を入力して申し込んだあと、消費者金融の担当者から電話をいただきますので、そのときに「今日は会社は休日なので、在籍確認は月曜日にしてほしい。しかし本日中に10万円どうしても借りたい」ことを伝えれば、10万円を貸してくれる可能性が高いです。

 

そして、アコムとプロミスの場合は、振り込み指定金融機関によっては、休日でも即日融資(口座に直接振り込み)が可能です。

アコムの場合は楽天銀行、プロミスの場合は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っていることが条件となります。