1. バイト名を変更して申し込みましょう

日雇いバイトの場合、男性の代表格が建築関係、女性の代表格がイベント関係だと思います。

 

これらの職を継続して行えば、立派にアルバイトをしていることになります。

 

以下では、日雇い仕事を継続して行っていることを前提に解説していきたいと思います。

(※ 尚、単発の日雇いバイトではカードローンでも審査が厳しいのが現実です)

 

日雇い労働者でも継続することで、それはアルバイトや派遣社員と同等と見ることが出来ます。

 

例えばカードローンを申し込んだ場合、重視されるのは返済の継続性です。

 

従って、カードローンを申し込む際も、アルバイトや派遣社員とし、あえて日雇いを強調する必要はないでしょう。

 

また、銀行系は収入証明書が不要ですが、消費者金融系は50万円以上の融資額または他者を含めた100万円以上の融資額では、収入証明書が必要になります。

日雇いバイトをアルバイトや派遣社員とみなすとしても、収入証明書の提出を求められると面倒なことになります。

 

従って、カードローンの申込先を銀行系に絞るか、やむを得ず消費者金融系に申し込む場合は、上記に引っかからないようにする工夫が必要になります。

 

また、カードローンの場合は在籍確認が必須になりますが、日雇いバイトの場合は登録先があるはずです。

 

ですので、在籍確認の電話はそこにかけて貰い、登録先の社員に確認をお願いすれば、この問題はクリアできます。

日雇いバイトだとカードローンが精一杯で、必ずしも全てうまくいく保証はありませんが、変な金融会社に手を出すと終わりです。

充分、注意して下さい。

2. 日雇いバイトがお金を借りるための3つの条件

キャッシングを利用するには、まず定期的な収入があることが条件になります。

 

日雇いバイトの場合、仕事がない期間は収入もなくなる為、残念ながら定期的な収入という条件を満たすことができません。

 

よって、原則的には(キャッシングの利用は)難しいと思ってください。

 

ですが、そのバイトを派遣会社から斡旋されている場合は、この限りではありません。

 

まず、キャッシングの審査では、職場への在籍確認が行われます。

特にパートやアルバイトの場合はこれを避けることは難しく、日雇いバイトでも同様に職場への確認が行われることになります。

 

派遣会社から斡旋されて日雇いバイトをしているのであれば、実際の日々の仕事場所は毎回違う場合でも、その派遣会社を勤務先としてキャッシング会社への申込みの際に記入してください。

 

この申込みの際には職業も記入する必要がありますが、これをアルバイトではなく契約社員という形にすると、在籍確認も問題なく、職業的にもアルバイトより信頼される傾向にあるので、審査を通りやすくなるでしょう。

 

ただし、契約に収入証明書が必要になる場合には要注意です。

少額の希望であればこれは必要のないケースが多いですが、この提出が必要となると、実際の収入が分かってしまいます。

 

日雇いバイトだと、契約社員と記入した割には少ないと思われてしまい、変な疑いを掛けられてしまうかも知れません。

 

よって、日雇いバイトでキャッシングを行いたい場合には、派遣元の会社が存在すること、そして、職業を契約社員として申込みを行い、収入証明書の提出の必要のないキャッシング会社を選択することが大事になります。

【チェック】日雇いバイトが借りるための条件

① 派遣元の会社が存在すること

② 職業を契約社員として申込むこと

③ 収入証明書が不要な金融機関にすること

3. 残念ながら大手の審査に通らなかった人へ

消費者金融の審査の肝として、信用調査というものがあります。

要は本当に働いているのか、嘘をついていないか確かめるという意味合いも含まれています。

 

日雇いの方はここが難しいのです。

実際、登録型の企業でなければこの課題をパスできないでしょう。

 

在籍確認の電話は、「〇〇(審査対象者)さんはいらっしゃいますか?」という形で掛かってきます。

 

ここで業務形式上、「確認が取れません(把握していない)」という類の返事をされてしまうとアウトです。

 

登録会社を経由していない日雇いの方は、ここで引っかかります。

また、風評被害ではなく現実として、登録者の管理がズサンな零細企業もあるので、この辺は運も関わってくるでしょう。

 

中には独断で、在籍確認の電話時にわざと「いません」と答えるパターンもあります。

これは電話を受けた人が、勝手に借金の催促電話だと思い、トラブルを避けるためにいないと答えるケースです。

 

では、運悪く審査に通らなかった場合はどうすればいいでしょうか?

 

この場合は、地域密着型の中堅消費者金融(街金)を訪ねてみましょう。

全ての事情を正確に話せれば借りられる可能性は上がります。

 

会社を選ぶ際は、昔(できれば昭和時代)からあるような街金融がベストです。

会社が古ければ古い程、この手の特殊ケースの相談に慣れています。

 

大手は、一定基準を満たさない方は全て審査落ちなので、この辺の柔軟さ(融通性)は中小企業が得意とするところです。

【資料】信頼できる中堅消費者金融【一覧】

 

① ユニーファイナンス 運営実績33年

本社:〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-26-7 名駅UFビル2F

登録番号:東海財務局長(11)第00086号 日本貸金業協会会員第003412号

HP: http://www.292957.jp/

 

② セントラル 運営実績18年

本社:〒790-0013 愛媛県松山市河原町9-2 クロカワビル2F

登録番号:四国財務局長(6)第00083号 日本貸金業協会会員 第001473号

HP : http://011330.jp/

 

③ プラン 運営実績18年

本社:〒530-0012 大阪市北区芝田2丁目2番13号日生ビル東館3階

登録番号 大阪府知事(6)第11259号 日本貸金業協会会員 第002156号

HP: http://all-plan.co.jp/

 

④ ライフティ 運営実績15年

本社:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-46-5 KM 新宿ビル5 F

貸金業登録番号:東京都知事(5)第28992号 日本貸金業協会会員 第005552号

HP : http://www.ryfety.co.jp/

 

⑤ フクホー 運営実績12年

本社:〒556-0011 大阪市浪速区難波中3-9-5

登録番号:大阪府知事(4)第12736号 日本貸金業協会会員第001391号

HP : http://www.fukufo.co.jp/

 

⑥ エフォートコーポレーション 運営実績12年

本社:〒810-0041 福岡県福岡市中央区大名2-9-29-501

登録番号:福岡県知事(4)第08502号 日本貸金業協会会員 第002163号

HP : http://effort-corp.jp/

 

⑦ アロー 運営実績9年

本社 : 〒454-0911 名古屋市中川区高畑二丁目144番地

登録番号 : 愛知県知事(3)第04195号 日本貸金業協会会員 第005786号

HP: https://www.my-arrow.co.jp/

 

今回、大手で審査に落ちてしまった人は、中堅金融に狙いを切り替えてみましょう。

確実に借りられるとは限りませんが、日雇いだからといって完全に諦める必要もありません。

 

引き続きまして、【第16章】障害手帳交付世帯への融資について書いています。

【障害者でも、お金を借りれますか?】をお読みください。